スポーツ疾患Sports Disease

スポーツ疾患

スポーツ外傷でお困りの方
「整形外科を受診したけど、処置はシップだけ」…こんな経験ありませんか?
アスリートにとっては小さな外傷でもパフォーマンスを左右する重大な問題になります。
当院はどんな外傷であっても全力で施術していきます。
テーピング療法やメディセル療法、酸素カプセル等、ケガの早期回復に効果的な療法でサポートします。
学生さんからプロのアスリートまでお気軽にご相談ください。

筋肉痛
筋肉痛は、過度な筋肉の働きと伸縮を原因として発生します。筋肉の炎症により起こります。筋肉にたくさんの乳酸がたまっており、血流を良くする(有酸素運動、マッサージ)ことにより改善がみられます。

肉離れ
肉離れが起こる原因は、脚の筋力にあると言えます。一番多く肉離れが起こる大腿の筋肉であるハムストリングは、身体の全重量を支えるため強い筋力を持っています。そのハムストリングが伸張限界を超えると肉離れをおこします。

打撲
打撲は別名を「打ち身」と言うように、身体を何かに強く打ちつけることで発生します。


捻挫
捻挫は、手首または足首の関節許容範囲を超える動きで発生します。この時、捻挫を招く原因となるのが自分の体重です。

骨折
スポーツ障害として起こる骨折の中で多いのが、「疲労骨折」です。「疲労骨折」の主症状として、体重をかけると強い痛みがでます。足の「疲労骨折」では歩行困難となります。

脱臼
脱臼は、相手の選手とぶつかり合うような激しいスポーツに多く見受けられます。骨同士の関節面が正しい位置関係を失っている状態。

椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアの患部となる椎骨は背骨を形成している部品の一部であり、めったなことではヘルニアを発症しないようになっています。

ジャンパー膝
ジャンプ動作の多用により発生する、使いすぎ障害のことを言います。


野球肘
野球肩と野球肘は、投球時のオーバーヘッドスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。肘の内側がよく痛みます。日常生活の痛みや肘が曲がらない、伸ばせないなどの運動障害を起こします。

テニス肘
過度のスイング動作で発生する、使いすぎ障害のことを言います。肘の外側がよく痛み、テニスをする人が多く発症することからテニス肘と呼ばれています。初心者や筋力の弱い中年の女性に多くみられます。

TEL.0948-21-1111
受 付
9:00~12:00・14:00〜19:00
月曜9:00〜12:30
休診日
月曜午後・火曜・祝日
★土・日診療あり